あんな舞台に遭遇

セリーグだと2打席視線からあんな情景に遭遇するのではないでしょうか?
9番投手で3アウトチェンジで最前線バッターで次の回から山田。これは頻発するでしょうね。
あとは、7番或いは8番がビンゴでランナーおるときの9番ピッチャーの送りバント。で、1塁が空いている状態で山田。次のバッターが誰になるかにて、得点間隔によってもなるけれども、一旦まともには勝敗はして欠けるのでしょうね。
ということが頻発するのでしょうし、それが不満でピッチャーになれないバスターや終焉ランをたくらみて、ゲッツーなんてクリティカルなこともありそうですしね。で、次の回の最前線バッターという箇所ね。
しかし、1番でも良いとしたら、それは投手を9番ではなく、7番もしくは8番に置いておく箇所。9番打者が1塁に置いて掛かる状態で山田というスタイルをつくりたいですね。
さすがに1塁におけるランナーを得点しやすい2塁には持って行きがたいし、勝敗ってことになるから。DCC ディープチェンジクレアチンを楽天やアマゾンで通販する