生涯スポーツとしてゴルフのすすめ

日記

ゴルフの健康への効果について

ゴルフは高齢化とともに人口が少なくなりゴルフ場の経営にも影響が出ると言われています。

しかしながら高齢化が進む日本にとってゴルフを楽しむ事は非常に健康へのよき影響を与えることができます。

なんといってもゴルフ場で1日カートに乗りながらでも10,000歩以上の歩行をすることができますし、ゴルフのスイングは高齢化しても自分なりのスイングを続けることが可能です。

また、太陽の下で丸一日、スポーツをすることほど健康なものはありません。適度な運動量でこれだけ長時間屋外で楽しめるスポーツが他にあるでしょうか。

年齢とともに体力も衰えてきます。しかしながら、それなりの楽しみ方ができるのはゴルフの素晴らしいところです。

だからこそゴルフは、高齢化が進む日本人にとって生涯スポーツに最適であり、健康にも素晴らしい影響を与えてくれると考えて良いのではないでしょうか。

ゴルフをつうじた交友関係の広がり

ゴルフは基本的には4人で楽しむスポーツです。もちろん、一昔前は非常にプレイフィーが高かったこともあり4人を集めてプレイすることが難しかったのですが現在はそんな事はありません。

2人でも3人でもゴルフ場でプレイする事は可能です。これを踏まえても、年齢を経て、親しい方々数人でも集まりながらゴルフを続けることが可能です。またゴルフはプレイをすることで個人の本音が出るスポーツだと言われています。だからこそゴルフを通じて交流を深めた方々に関しては、非常に親しい関係であり長くお付き合いすることができると言えるでしょう。

ビジネスマンが現役時代は会社と会社の交流を深めるためにゴルフをしますが、定年後は生涯の友を作るためのツールとしてゴルフを活用するのが最適だと思います。

どれだけ多くのゴルフ友達を設けることができるかでゴルフへの関わり方も変わってくると思います。

スキルに合わせたゴルフの楽しみ

スポーツは様々な楽しみ方があるものです。もちろんゴルフも同様です。シングルプレイヤーを目指す方もいれば、自分自身の健康の為、またはスコアはそれなりでも交流を深めるためのツールとして考える方もいます。

ゴルフが生涯スポーツとして、そして長く楽しめる理由として最もあげやすいのは人それぞれのスキルに合わせた楽しみ方ができるということです。

もちろん若い頃にはスコア優先でゴルフを楽しんでいても年齢とともに健康や交流を深めるためのツールとして活用すると言うことも可能です。

要するに自分自身のニーズに合わせてゴルフは楽しみ方があるわけです。一緒にラウンドする方々に関しても同じことでしょう。価値観が似通った方々とゴルフを楽しむことによって長くゴルフを楽しむことができるようになると思います。

何を優先するか、自分自身で常に考えながらゴルフに取り組めば良い答えが見つかるでしょう。

ゴルフは生涯スポーツに最適

ゴルフは年齢とともに様々な楽しみ方があること、プレイをすることで交流を深めることができること、健康にも非常に良い影響与えることを踏まえると生涯スポーツとして最適ではないかと思います。

年金生活になろうともコストがさほどかかる時代ではありません。例えば毎週プレイをしたとしてもそれほどの負担になることもなく、肉体的にもその程度がちょうど良いでしょう。プレイをしない日には練習場に通ったり、素振りをすることで健康も保つことができるはずです。

実際に今のゴルフ場には高齢の方が本当に多く訪れています。これからもゴルフを生涯スポーツとして多くの方が取り組むことができればゴルフの未来もまだまだ明るいのではないでしょうか。

そして、健康を心がける高齢者だけではなく、若い世代も一緒にゴルフ場を盛り上げるような取り組みをしていけばさらに活性化が進んでいくはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました